生物学科では、情報発信の有力な手段である学会発表や、論文投稿のために必要な能力を養うために、プレゼンテーションと英語の教育に力を入れています。まずは、日本語で自分の興味ある現象調べを授業で紹介・発表することから始めます。次に、生物英語のリーディングとライティングを学び。さらに、英文の学術論文を読み、その内容を紹介するゼミナールや、特別演習という授業もあります。

戻る