★教員と研究領域★



生物学科の教育に関わる教員の氏名を領域別に表示してあります。※印は、沿岸環境研究センター所属の教員です。上図で名前をクリックすると詳しい研究内容が表示されます。











氏名をクリックすると研究者要覧が、
写真をクリックすると研究室または個人ページが表示されます。
研究
領域
分 野 氏 名 研 究 の 概 要 研究室

ページ



植物形態
佐藤 康 高等植物の細胞の分化・形態形成・環境応答のメカニズムの研究。特に、木部分化や環境に応答したリグニン生成機構の解析
金田 剛史 植物ホルモンによる細胞の形の調節と高等植物の成長
動物発生 小南 哲也 棘皮動物の胚を用い、初期発生の諸現象を細胞学的・分子生物学的に解明する。胚軸の決定、中胚葉性細胞の分化などが主なテーマ。
高田 裕美 ウニ胚の形態形成運動(特に原腸陥入)、及び組織・器官形成についての、形態学、組織学、分子細胞学的研究。
進化形態 村上 安則 脊椎動物の脳および神経回路網の進化発生学的研究
福井 眞生子 1. 六脚類(広義の昆虫類)の起源・高次系統の解明を目的とした六脚類の最原始系統群:カマアシムシ目の発生学的研究
2. 網翅類の理解、多新翅類の高次系統の解明を目的とした原始的カマキリ類:ケンランカマキリ科の発生学的研究  

ページトップへ







氏名をクリックすると研究者要覧が、
写真をクリックすると研究室または個人ページが表示されます。
研究
領域
分 野 氏 名 研 究 の 概 要 研究室

ページ




植物生理 井上 雅裕 植物の成長と環境ストレス応答に関する現象。植物ホルモンと細胞壁の生理生化学的解析。細胞培養、糖質・タンパク質、重金属耐性、Phytoremediationなど。
佐久間 洋 植物の水分ストレス、温度ストレス耐性誘導メカニズム
動物生理 加納 正道 昆虫(コオロギ)を用いた行動解析ならびにその行動の基盤となっている神経系の活動の解析
魚類環境生理 ※北村 真一 1. ヒラメスクーチカ症に関する研究
2. 魚類イリドウイルスの宿主特異性に関する研究
3. 魚類体表粘液中のマイクロフローラの役割
4. 魚介類の感染症発生メカニズムの解明
5. アゲハチョウの翅色に関する研究
環境生体応答学 ※仲山 慶 有害物質が水生生物に及ぼす毒性影響の評価,複合的な環境要因変化に対する生物応答解析

ページトップへ














氏名をクリックすると研究者要覧が、
写真をクリックすると研究室または個人ページが表示されます。
研究
領域
分 野 氏 名 研 究 の 概 要 研究室

ページ




生 態

進 化
中島 敏幸 微小モデル生態系と進化:微生物が構成するフラスコサイズの生態系を用いて種の進化や遺伝子の水平移動、細菌の性と進化との関係を研究している。
水域生態 井上 幹生 河川環境と生物群集:魚類と底生無脊椎動物などを対象にし、河川の環境構造と生物の分布様式、生物間相互作用、環境改変に対する反応を研究している。
畑 啓生 水域の一次生産者と消費者との種間関係のネットワーク構造について、特にサンゴ礁域やアフリカタンガニイカ湖における藻類と藻食者との間の種特異性や栽培共生について研究している。
※大森 浩二 個体および個体群のエネルギー収支モデル解析、種間相互作用のモデル解析、機能群分析に基づく生態系のモデル解析、野外水域生態系(河川・湖沼・流域・沿岸)の動態解析および保全に関する研究
動物遺伝 和多田 正義 ショウジョウバエを用いた遺伝学および生態学的研究
環境毒性学 ※岩田 久人 環境汚染物質による野生生物への毒性影響、その分子機序の解明とリスク評価法の開発  

ページトップへ